黒板・ブラックボードにおすすめの「チョーク風マーカー」を比較してみた!

 

こんにちは!

手書きPOPデザイナーのMisakiです!

 

私が教える「手書きPOPセミナー」や「手書きPOP教室」では「いろんなペンや紙を試す」ことができます!

 

これから手書きPOPやブラックボードを始める初心者さんには、どんな道具を買えばいいかの参考になると思います。

 

お店にある道具を使っていたスタッフさんからは「ペンが違うと時短になる!」と喜んでいただけることも多いんですよ。

 

今回は黒板やブラックボードに使える「チョーク風マーカー」を2つご紹介します。

 

黒板・ブラックボード用のチョーク風マーカーとは?

 

黒板やブラックボードを書くマーカーは大きく分けて2種類あります。

 

1つはブラックボードポスカのようなインクタイプのマーカー。

 

もう1つはチョークやクレヨンのような「チョーク風マーカー」です。

 

マーカーの違いについては、こちらの記事も参考にしてくださいね。

 

100円ショップでも買える黒板とブラックボード 【書き方】黒板&ブラックボードの書き方と道具選びのコツ♩

 

今回は「チョーク風マーカー」を2種類書き比べしてみたいと思います。

 

チョーク風マーカー2種

 

左側が以前から愛用している馬印さんの「POPゲルチョーク」です。

 

柔らかいクレヨンのような書き心地で黒板にもブラックボードにもサクッと書ける優れもの♪

 

右側が新たに購入してみた「マクソン チョークマーカー」です。

 

「発色が鮮やか!」という商品説明に惹かれて買ってみました。

 

見た目はとってもよく似ています。

 

キャップを外しても似てる〜。

 

さっそく書いてみます!

 

コツコツ書ける♩馬印「POPゲルチョーク」

 

まずは以前から愛用している馬印「POPゲルチョーク」です。

 

お値段は8色セットで1569円(1本あたり196円)です。

 

馬印のポップゲルチョーク

 

馬印「POPゲルチョーク」は少し硬めの書きごこちです。

 

硬めといっても黒板用のチョークのように硬くはなく、スラスラっと書けます。

 

「少し硬め」なのがポイントでわりと細い文字も書くことができます。

 

音で表現するなら「コツコツ書く」という感じです。

 

ぬるぬる書ける♩マクソンチョークマーカー

 

続いてマクソンチョークマーカーです。

 

Amazonをうろうろしていて「発色が鮮やか!」という商品説明に惹かれました!

 

お値段は12色セットで1944円(1本あたり162円)です。

 

「馬印POPゲルチョーク」にはない「蛍光ではない黄色」「茶色」「青」「紫」があります。

 

マクソンチョークマーカー

 

おぉ〜!かなり柔らかい!!

 

書いているとチョークが削れていくほど柔らかめです。

 

こちらの方が発色が少し良く、とくに白はクッキリして気持ちいいです。

 

黄色と蛍光イエローを使い分けられるのも嬉しいポイント。

 

馬印「POPゲルチョーク」が「コツコツ」なら、こちらは「ヌルヌル」です。

クレヨンのように柔らかく滑りがいいので、細かい文字を書くのはちょっと難しいですが、大きい文字は書きやすいです。

 

どんな人に向いているかのまとめ

 

チョーク風マーカーに限らず、どんなマーカーにも長所と短所があります。

 

自分の作業と相性の良いマーカーに出会うと作業効率が格段にアップしますよ!

 

今回ご紹介した馬印「POPゲルチョーク」と「マクソンチョークマーカー」をまとめます。

 

「馬印POPゲルチョーク」のいいところ♩

・初心者でも扱いやすい

・しっかりとした硬めの書き心地

・わりと細かい文字も書ける

 

「マクソン チョークマーカー」のいいところ♩

・大きい文字がスラスラっと書ける

・茶色や蛍光でない黄色など色が豊富

・大きい文字の塗りつぶしが早い

 

見た目が似ていても、書き心地が違うマーカーってよくあるんです。

 

それにしてもチョーク風マーカーって見た目がかわいいんですよね〜。

 

見た目がかわいいチョーク風マーカー

 

並んでいるだけで癒されます♩

 

お子さんがいれば落書きにも使えそう。

 

水拭きで消せるのでテーブルや床に書いてしまっても消しやすいと思いますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です