【100均DIY】エアコンの風よけを自作してみたら快適♪

こんにちは!

手書きPOPデザイナーのMisakiです★

 

夏が大好きです!!

Tシャツでノー靴下、最高です!!

 

そんな大好きな夏の・・・エアコンの冷風に悩まされました。

 

そこで100均の材料で風よけを自作しました!

結果は大成功〜!快適です〜!

 

エアコンの風よけ完成

 

 

エアコンの冷風で右腕に激痛が走る

 

ある日、急に右腕に力が入らなくなり・・・

重い物を持つとピキっと痛みが走りストンッと力が抜けて物を落とす感じ。

 

右手は商売道具なので、すぐに整形外科へ。

 

原因不明で、右手を使わないようにすれば治る可能性はある。

右手を使うなら、一生付き合っていくしかないと言われました(笑)

 

原因に心当たりはないと思ったのですが、エアコンの冷風が直撃していることに気付きました。

 

もしかして、冷え??

そういえば、エアコンが効きすぎて寒い時がある。

でも止めちゃうと暑い。

 

効果なエアコンなら風向きや風量を微調整できたり、送風機能があったりするのですが、賃貸マンションによくあるシンプルなエアコンにはそんな気の利いた機能はありませんでした。

 

狭いオフィスなのでデスクの位置も変えられないし、高価な風よけを買う予算もありません。

 

せっかくTシャツで過ごせる大好きな季節に、冷房対策の長袖なんて着たくない!!

 

要するに冷風が直撃しなければいいんだし、風よけを自作しちゃえ!!

 

必要なもの(ぜんぶ100均で揃います)

 

用意するものはたったこれだけ。

 

  • PPシート(1枚)
  • 布ガムテープ(白)
  • メンディングテープ(セロテープでも可)

 

ワンコインで完成しちゃいますよ♩

 

セリアのPPシートを切って貼るだけ♩

 

セリアで買ったPPシートです。

透明度が高いので見た目も邪魔にならなそう。

 

セリアのPPシート

 

店舗によって若干違いますが、木材とかリメイクシート類のコーナーに売っています。

 

PPシートをカッターで切る

 

PPシートは柔らかいのでカッターで切れます。

 

半分に切ると、ちょうどエアコンの吹き出し口を塞ぐくらいの高さになります。

 

半分に切ったPPシートをメンディングテープ(なければセロテープ)で貼り合わせ、エアコンの幅に合わせて切ります。

 

エアコン幅に切ったPPシートをガムテープでエアコンに貼れば完成!

 

白い布ガムを使いましたが、けっこう目立っちゃいました(笑)

 

見た目を目立たなくしたい方は続きを読んでくださいね。

 

エアコンの風よけ

 

風を弱める機能としてはこれで十分効果あり!

 

PPシートは柔らかいので適度に揺れて心地いい風を届けてくれます♩

 

もっと目立たなくしたいひと手間♩

 

一人暮らしならPPシートをガムテープで貼るだけでも十分なのですが、やっぱり見た目が悪い。

 

やり直しました(笑)

 

こちらが本当の完成!

 

エアコンの風よけ完成

 

先ほどの写真と比べていかがですか?

 

スッキリ目立たなくなりました♩

 

材料は先ほどと同じで買い足すものはありません。

 

貼る場所を変えただけです。

 

エアコンのカバーの上からではなく、カバーの内側に貼りました。

 

カバーの下に貼る

 

ガムテープやメンディングテープもつなぎ目がないように一気にビーっと貼りました。

 

見た目も圧迫感なく快適な夏を過ごせますよ!

 

購入したのはPPシートと白いガムテープだけ、材料費220円でした\(^o^)/

 

夏が終わっても貼ったままでいい?

 

夏が終わったら、ガムテープを剥がして保管すれば来年また使えます♩

 

貼ったままでもいいの?と思った方、剥がした方がいいです。

 

ガムテープは年月とともに剥がれにくくなるので、とくに賃貸の方は1シーズンで剥がしておくのをおすすめします。

 

右腕の激痛もすっかり治りました!

 

ここまで読んでくださった方、ありがとうございます!!

 

自作のエアコン風よけのおかげで、冷風の直撃がなくなり、気付いたら右腕の激痛もなくなりました!

 

整形外科では「右手を使うなら、一生付き合っていくしかない」と言われましたが、数日で治りました(笑)

 

私は右腕に痛みが出ましたが、エアコンの冷風直撃が思わぬ不調の原因かもしれません。

 

夏に長袖を来たくない方は、ぜひお試しを!

 

 

サムネイル画像はセリアの黒板です。

ブラックボードポスカで書きました\(^o^)/

 

エアコンの風よけ自作の黒板

 

 

この記事が参考になりましたら

シェアお願いします\(^o^)/

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です