黒板POP&ブラックボードの書き方と道具選びのコツ


手書きPOPデザイナーのMisakiです★

最近は街を歩けばたくさんのブラックボードを見かけますね〜。

「えぇ〜!これどうやって書いてるの〜!?」と思うこともしばしば。

「何で書いてるんだ??」と思わず近寄って見ちゃいます。

天気に合わせて内容を変えたり、毎日スタッフさんの日記風になっていたり、時間帯に合わせて言葉が変わっていたり、ほんとに大変な作業だと尊敬してしまいます!!

そして私もよく

「おしゃれな黒板POPはどうやって書くんですか?」

「ブラックボードを上手に書くコツはありますか?」

などの質問を受けます。

もちろん、書く内容が一番大事!!

ではありますが・・・

黒板やブラックボードに書くことは

紙に書く手書きPOPとはちょっと違う難しさがあります。

上手に書けない・・・と断念してしまう人も多いようです。

そこで黒板POPとブラックボードのコツを少しだけお教えします。


まずはブラックボードとペンを用意しましょう♪

そしてこの材料選びが上手に書くコツのほとんどを占めています!!

と、私は体感しています^ - ^

張り切って値段の高い材料を買ってしまうのは

失敗する可能性が大なので要注意です。

最初は100円ショップでいろんなタイプの

黒板やブラックボードを買ってみてください。


近所の100円ショップで集めた黒板とブラックボードです。

ツヤ消しの黒板っぽいもの、ツルツルのもの、マグネット付き、ロール紙になったものなどなど、いろんな種類とサイズが売っています。

※赤い卓上のボードのみシモジマで購入

(SALEで800円くらいだったので一目惚れで買っちゃいました★)

自分で使いやすいタイプを見つけるために

いくつか購入して書いてみることが上達への近道です。

次はサインペン。

チョークのように書きたいか

くっきり濃く書きたいか

出来上がりをどちらにしたいかでペンを選びます。


紙とペンで手書きPOPを書くときにも、

紙とペンの相性はすっごく大事なんです!!

自分の得意な紙とペンで書くのと、

苦手が紙とペンで書くのでは

作業時間に3倍〜5倍の差があります。

(ホントですよ〜!!)

それくらい紙とペンの相性は大事です。

そして黒板やブラックボードに書くときもそれは同じ。

むしろ書くサイズが大きいとそれ以上に大事になります。


今回はこちらの3本のペンを紹介します。

上から

馬印「POPゲルチョーク」

三菱鉛筆「ブラックボードポスカ」

ダイソー「ブラックボードマーカー」

こうやって見るとダイソーのブラックボードマーカーも良さそうですが

私はあまりおすすめしません。(理由は後述します)


上が馬印「POPゲルチョーク」

名前の通り、チョークっぽい字を書きたいときにおすすめ。

チョークよりも発色が良く、

ヌルっとした書き心地です。

フタを開けてすぐに書けるのも楽ちんです。

水拭きで消すことが出来ます。

下は三菱鉛筆「ブラックボードポスカ」

手書きPOPではお馴染みのポスカのブラックボード用。

こちらも水拭きで消すことが出来ます。

ポスカと同じようにカシャカシャ振って

インクをペン先に染み込ませて使うタイプ。

ポスカに慣れている人には扱いやすいです。

極太タイプはインクの出方にムラがあるので

ポスカに慣れていない人は中字がおすすめです。


チョークやクレヨンで書いたように見える

「キットパス」というのもありますよ〜。

黒板やブラックボード、専用マーカーはたくさん種類が出ています。

出来上がりや書き心地をいろいろ試してみてくださいね。

書きやすいボードとペンの組み合わせを見つけてから

本格的に道具を揃えることをおすすめします。

ちなみに私が苦手なのは・・・

ツルツルタイプのボードです。。。


上の2行は「POPゲルチョーク」で書きました。

ツルツルしていて意外と書きやすいです。

ボードとペンの相性は良いです。

下の2行は「ブラックボードポスカ」で書きました。

こちらはボードに付着した手の油分で

インクがハジかれてしまい相性は悪いです。

材質によってはインクが乾かず

ダラ〜〜と流れてしまったりもします。

私は書くときの「キュッキュッ」という摩擦が好きなので

マット系の黒板が好きです♪

そして書くことと同じくらい大事なのが、消すこと!!

ボードとペンの組み合わせによって、消え方が全然違います!!

私は「消え方」はけっこう大事だと思っています。

ササっと消して書きたいのに、消えないとイライラします・・・。


ブラックボード専用マーカーは水拭きで消せます。

ティッシュだとぼろぼろになってしまうので、

ウェットティッシュかキッチンペーパーがおすすめ。

溶けたインクがなかなか取れない場合は

乾拭きして拭き取ります。


さてさて、ペンの紹介で

あまりおすすめしないと書いた

ダイソーのブラックボードマーカー。

その理由がこちらです。

下の写真はダイソーで買ったブラックボードに書いたもの。

ウェットティッシュで消してみました。


馬印「POPゲルチョーク」と

三菱鉛筆「ブラックボードポスカ」で

書いた文字はササっと消えました。

ところがダイソーの「ブラックボードマーカー」は消えない!!

え??なんで??

よくよくペンの説明を見てみました。


わー・・・ちゃんと書いてありました。

使用できないところ

「チョーク風黒板」

そりゃ消えないわ・・・。

ダイソーのホワイトボードやブラックボードのある場所で

隣り合って売っていたので、てっきり消えると思いました。

という失敗もあります(笑)

きちんと説明を見なかった私が悪いのですが・・・

材質問わずに使えるに越した事はありません。

さらに「ブラックボードポスカ」に比べて

ちょっとペン先がボサボサしている気がします。

お客様に見てもらうために書くものなので

少しでもキレイな文字で書きたいですよね。

この2つの理由から、残念ながらおすすめしません・・・。

いやぁ〜、100円のボードでよかった〜〜〜。

そういう失敗もあるので・・・

いきなり大きいボードを買うのは要注意なのです(笑)

黒板POP&ブラックボードを上手に書くコツは

文字やデザインの練習の前に「道具選び」が大事。

書きにくい道具ではやる気も失せてしまいますし

高価なボードに消えないペンで書いてしまったら

立ち直れません〜〜〜。


最後に私のお気に入りはこちら。

ダイソーのブラックボードとブラックボードポスカ。


シモジマで購入した卓上のボードも書きやすいです。

こちらもペンはブラックボードポスカ。

長くなってしまったので

黒板POP&ブラックボードの文字を書くコツは

また機会のあるときにご紹介します。

#手書きPOP #コツ #書き方 #黒板 #ブラックボード #デザイン #デザイン会社

15,076回の閲覧

西武線・所沢駅徒歩2分「手書きPOP教室」予約受付中!

Tegaki POP designer Misaki Endo

みさきのPOP株式会社

〒359-1122 埼玉県所沢市日吉町4-2 所沢サンプラザ3F

  • Misaki Endo Instagram
  • Misaki Endo Pinterest
  • Misaki Endo Twitter
  • Misaki Endo Facebook
  • Misaki Endo YouTube

当サイト内の文章・画像等の無断転載及び複製等はご遠慮ください

©Misaki Endo ©Misaki no POP Co., Ltd.