黒板とブラックボードはどう違う!?ブラックボードポスカで書き比べてみたら全然違った!

 

こんにちは!

手書きPOPデザイナーのMisakiです!

 

黒板とブラックボードって違うの??

初めてボードを購入するときに、どちらが良いのか迷う方も多いと思います。

 

結論から言うと、全然違います!

 

それでは「黒板とブラックボードはどう違うのか!?」を書き比べてみます。

 

使用するマーカーは「ブラックボードポスカ」です。

 

 

黒板とブラックボードの違い

 

黒板を英語に直訳すると「blackboard(ブラックボード)」です。

 

日本へはアメリカから伝わったそうです。

 

えっ!?同じもの!?となりますが

ここでは歴史や語源的なことは無視して

「POP用品としての違い」をご紹介します。

 

黒板は学校などで使われている「板に黒板塗料が塗られたもの」です。

 

ブラックボードよりはザラザラした材質です。

チョークやチョークマーカーで書いて、水拭きで消します。

 

マーカーによっては水拭きで消えなくなるものがあるので要注意!

 

ブラックボードポスカは水拭きで消えるのを実験済みです★

 

 

ブラックボードは簡単に言うと「ホワイトボードの黒」です。

 

ツルツルした材質でマグネットが着くタイプも多いです。

ブラックボード専用のマーカーで書いて、水拭きで消します。

 

ブラックボード用のマーカーは種類も色も豊富です。チョークやチョークマーカーではやや発色が弱いので、専用マーカーがおすすめです。

 

※最近は黒板とブラックボードの良いとこどりをしたタイプもあります。(今回は省略)

 

100円ショップの黒板に書いてみた

 

100円ショップに売っている黒板です。

A4くらいのサイズですが、ずっしりと重いです。

 

100均の黒板

 

黒板とペン先の摩擦が気持ちいい!

筆圧高めでしっかりと書けます!

 

発色もとってもキレイです♪

 

<良いところ>

・発色がキレイ

・おしゃれに見える

・高級感がある

・長期間消えない

 

<残念なところ>

・時間が経つと消しにくい

・マーカーによっては消えなくなる

・重い

 

100円ショップのブラックボードに書いてみた

 

100円ショップに売っているブラックボードです。

 

サイズは黒板と同じくらいですが、軽い!

 

100均のブラックボード

 

書き心地はスルスルっと軽めです。

 

発色も良くて、書いた段階では黒板と似ています。

 

<良いところ>

・軽い力で書ける

・消すのが簡単

・マーカーの種類が豊富

・マグネットが使えるタイプも多い

・軽い

 

<残念なところ>

・水がかかるとインクが流れる

・引っ掻きに弱い

・高級感がない

 

まとめ・おすすめの用途

 

黒板とブラックボード、それぞれ長所と短所があります。

 

まとめると

 

黒板はしっかり書けて消えにくい

 

お店のオープン時間・クローズ時間や案内など

長期的に使用するのにおすすめです。

 

ブラックボードはスルスル書けて消しやすい

 

日替わりメニューや特売品のプライスカードなど

短期間で書き直すものにおすすめです。

 

今回は100円ショップで買える小さいサイズの黒板とブラックボードを使用しました。

 

他にも大きいサイズや自立するA型など、たくさん種類があるのでまたご紹介します!

 

 

この記事が参考になりましたら

シェアお願いします\(^o^)/

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です