黒板&ブラックボードの汚れには専用クリーナーがおすすめ!


手書きPOPデザイナーのMisakiです★

POP教室で黒板やブラックボードの書き方を教えるときに、生徒さんが感動してくれるのが「消し方」です(笑)

書く作業に比べて面倒な「消す作業」ですが、どうせならスッキリきれいに消したいもの!

とくに「黒板」はブラックボードに比べて消すのが少々手間ですよね。

そこで少しでも快適に消せるように「消し方のコツ」を書いておきます^ ^


偉そうに「消し方のコツ」なんてブログを書き始めてはいますが・・・

実は私はとてつもなく面倒くさがりな性格で、書いた黒板はいつもそこらへんに放置したままです。

次に使う時になって「あぁぁぁ、消すのめんどくさ〜〜〜」というタイプ^ ^

もちろん今日のブログ用の画像も「黒板を消す」ことから始めています(笑)

***今回使用しているのはセリアの黒板とブラックボードポスカです***

【黒板の消し方(1)】

まずは水拭きです!

雑巾でもタオルでもウェットティッシュでもなんでもいいです。

ポスカを溶かすためなので汚い雑巾でもOK!

※ティッシュペーパーはボロボロになって黒板に貼り付くのでNGです。

写真のように円を描くようにクルクルと水拭きします。

拭くというよりは「ポスカを溶かす」作業です。



【黒板の消し方(2)】

次に乾拭きです〜!

これは「溶けたポスカを拭き取る」作業です。

雑巾・タオルなど大きめのものがおすすめです。

ざっくりポスカを拭き取り、汚れていない面でもう一度拭き取ります。


「雑巾・タオルなど大きめのものがおすすめです。」と言いながら・・・

写真がティッシュペーパーだった!!!!・・・汗。

この黒板はA4サイズなのでティッシュで拭き取っちゃいました・・・。

これでキレイになればとりあえずOK!

がしかし〜。

何度も書いた黒板や、書いてからしばらく経った黒板の場合は水拭き&乾拭きだけでは文字が消えない、汚れが落ちない場合があります。

これは1ヶ月以上前に書いた黒板です。

消すが面倒くさくて・・・そのまま置いてあったもの。

水拭きしたときに文字の跡がクッキリです。


水拭きしたあとに乾拭きしても、文字の跡が消えません〜。

このまま新しい内容を書いてしまうと、ちょっと汚いですよね。


こうなったら必須アイテム!

ブラックボード専用クリーナーの出番です!


あまり文具店などには置いていないので、私はAmazonで購入しています。

とくにどのメーカーがおすすめというのはないですよ。

成分は「アルカリ電解水」なので、お掃除用のアルカリ電解水でも代用できるか試してみましたが、配分が違うのか全然消えませんでした(笑)


シュシュっと全体的にスプレーして乾拭きするだけで、すっきり消えますよ♪

専用クリーナーを使ってもきれいに消えなくなった黒板は、そろそろ買い替え時です^ ^

この専用クリーナーの威力に感動しても、ポスカを溶かす前から使うのはNG。

なぜなら・・・もったいないからです!!

まずは水拭きでポスカを溶かし、乾拭きでしっかり拭き取って、その後で専用クリーナーを使うと使う量が少量ですみますよ♪

ついで専用クリーナーを使うメリットをもう一つ。

黒板やブラックボードに付着した油分も一緒に消えるので書き心地がUPします♪

それでは、みなさんも楽しい手書きPOPライフを★

<TegakiPOP.com>

手書きPOPデザイナー 遠藤みさき

手書きPOP制作・手書きPOP教室・セミナー講師・POPコンサル

手書きPOP動画・ホームページ制作・イベント出店などのご依頼は

お問い合わせフォームよりご連絡ください。

※当ホームページ・ブログに掲載している画像の無断使用・無断転載はご遠慮ください。

#手書きPOP #ブラックボード #黒板 #書き方 #コツ #手書きPOP教室

西武線・所沢駅徒歩2分「手書きPOP教室」予約受付中!

Tegaki POP designer Misaki Endo

みさきのPOP株式会社

〒359-1122 埼玉県所沢市日吉町4-2 所沢サンプラザ3F

  • Misaki Endo Instagram
  • Misaki Endo Pinterest
  • Misaki Endo Twitter
  • Misaki Endo Facebook
  • Misaki Endo YouTube

当サイト内の文章・画像等の無断転載及び複製等はご遠慮ください

©Misaki Endo ©Misaki no POP Co., Ltd.