【黒板自作】赤い黒板を作ってみましたー( ノ゚∀゚)ノ

手書きPOPデザイナーのMisakiです★


ついに黒板を自作しました(笑)


色々理由はありますが、赤が好き!

このサイトも手書きPOPショップも赤いもので統一していたら、、、黒板も赤で統一したくなったのがことの発端。


赤い黒板は珍しくはないですが、黒のように様々なサイズが販売されているわけではないです。欲しいサイズがなかったので作ってみるか??と始めてみましたー♫


結論から言ってしまうと。

私は買った方が安いと思いました(笑)


塗ること自体はぜーんぜん難しくないんですが・・・

完成までに最低でも2日かかります。



ではでは、ご説明しますね〜。



まず最初に色サンプルを購入して、試し塗りしました。


何に使うつもりだったのか忘れたまま放置されていたダイソーのまな板に塗ってみました。



フフフ、真っ赤っか♫



大満足の真っ赤な赤だったので

A3サイズを2枚分くらい塗れる量を購入しました。


まな板とは材質の違うMDFボードで作ってみます〜。

せっかくやるからには板のことも知っておきたいですしね。



最初は刷毛で塗ってみました。

奥がまな板、手前がMDFボードです。


まな板の方はザラザラしているので塗るのがちょっと大変。

MDFボードの方が滑らかで刷毛の滑りが良かったです。


刷毛のつぎはスポンジ刷毛で塗ってみました。

毛が短いものがいいらしいですよ。


塗るのはけっこう簡単です。

ただただ塗るだけ。


1度目の塗りを終えたら、インターバルです。

6時間以上を空けて2度塗りとのこと。


翌日、2度塗り。


ちょっと心配なので、もう6時間空けて3度塗り(笑)



3度目は写真左下に写っている「コテ刷毛」とやらを使ってみました。


これが超すごかった!!

刷毛よりもスポンジよりもローラーよりも塗りやすい!!

一気にパパっと塗れました!!


そして待つこと24時間。


さっそく書いてみましたー!!


まずは、まな板です。

ザラザラしているので若干ブラックボードポスカが引っ掛かりますが、書けます!




こちらはMDFボードです〜。

板の表面が滑らかなので、書き心地も滑らかです!!


板の材質によって完成後の書き味が変わるので、板も重要ですね〜。



両方ともちゃんと水拭きで消えました!!


24時間以上経過しても、水拭きをするとペンキが落ちます。

落ちると言っても、色が移るという程度で問題ないそうですよ。


というわけで、自作黒板は大成功でした〜♪



ペンキを2〜3度塗りするインターバルが6時間必要なこと、完成まで24時間乾かす必要があることで、最短でも2日はかかっちゃいます。


でも塗ること自体は簡単なので、次回はまとめ塗り作成で作ろうと思います!



あ、ついでに〜。


最初から黒板として完成しているものを赤く塗れたら楽ちんだと思いまして。

100円ショップのプレートに塗ってみました。



思いっきりムラになってしまってダメでした(笑)


いやいや、方法はあると思いますよ!!

元の塗料をサンディングして、プライマーを塗ればいいのかな??

どうしても今ある黒板を塗り替えたかったら調べてみてくださいね〜。


どしてもでなければ、まっさらな板に塗った方が早いですよ。



ではでは、みなさんのお役に立てていれば嬉しいです。

手書きPOPデザイナーのMisakiでした〜。




#手書きPOP #手書きポップ

#手書きPOPショップ

#黒板 #ブラックボード #書き方 #コツ

#教室 #講座 #セミナー #講師

#東京 #埼玉 #所沢 #所沢ノード

#100均 #ダイソー #DIY #自作


西武線・所沢駅徒歩2分「手書きPOP教室」予約受付中!

Tegaki POP designer Misaki Endo

みさきのPOP株式会社

〒359-1122 埼玉県所沢市日吉町4-2 所沢サンプラザ3F

  • Misaki Endo Instagram
  • Misaki Endo Pinterest
  • Misaki Endo Twitter
  • Misaki Endo Facebook
  • Misaki Endo YouTube

当サイト内の文章・画像等の無断転載及び複製等はご遠慮ください

©Misaki Endo ©Misaki no POP Co., Ltd.