ブラックボードポスカでガラスに落書きしてみたよ★

 

こんにちは!

手書きPOPデザイナーのMisakiです!

 

ガラスに文字を書くお仕事が入ったので

作業部屋のベランダで試し書き。

 

ポップゲルチョークとブラックボードポスカ

 

使うのはポップゲルチョークと

ブラックボードポスカ(中字・太字・極太)の4本です。

(後半に他のカラーも写真あります)

 

ブラックボードポスカ、ポップゲルチョークは

水拭きで消せます。

 

ブラックボードポスカとPOPゲルチョーク

 

完全に乾いたあとは水拭きしなければ

3〜4年は消えません。

 

5年以上書いたままの場所がないので

それ以上はデータなしなので不明です。

 

 

窓ガラスペイントの書き方は下記の記事で紹介しています。

下書きを消す【書き方】店舗の窓ガラスにブラックボードポスカでペイントする手順

 

 

実際に窓ガラスに書いてみた!

 

まずはポップゲルチョークです。

 

繰り出し式でクレヨンのようにぬるぬるっと書けます。

 

ポップゲルチョーク

 

書き心地は楽しいのですが、塗り潰すのはけっこう大変。

 

口紅のような質感なので、乾いても擦れに弱いです。

消しやすいので、頻繁に書き直すのにおすすめ。

 

お子さんと遊んだりするのにも楽しいですよ★

 

続いてブラックボードポスカです。

 

ポスカと同じく、シャカシャカ振ります。

 

「極太」になるとインクが滲み出るまで

シャカシャカシャカシャカ・・・

けっこう腕が疲れます(笑)

 

 

ブラックボードポスカ

 

それほど大きな場所でなければ

「角芯」と「丸芯・中字」があればいいかな。

 

ブラックボードポスカも塗り潰しはけっこうシンドイですが、発色がキレイで耐久性は抜群です。

 

長期間書き直さない場合はブラックボードポスカがおすすめです。

 

作業時間は夜がおすすめ

 

なぜ写真が夜なのか、気になりましたか?

 

実は昼間は太陽光がまぶしくて文字が見えにくいんです。

 

目も疲れるし効率も悪いので、作業は夕方〜夜がおすすめです。

 

昼間の写真

夜の写真

 

 

ブラックボードポスカのカラー

 

ポップゲルチョークもブラックボードポスカも7〜8色あります。

 

ブラックボードのカラーはこんな感じです。

 

ブラックボードポスカのカラー

 

他にピンクと水色があります。

 

紙用のポスカに比べると太さや色のバリエーションが少ないのが残念ですが、どの色も発色がキレイです。

 

メリット・デメリット

ポップゲルチョークとブラックボードポスカは両極端なマーカーです。

 

どちらも大好きなので常備しています♪

 

それぞれのメリットとデメリットは

 

【ポップゲルチョーク】

メリット:書きやすい・消しやすい

デメリット:擦れに弱い

 

【ブラックボードポスカ】

メリット:耐久性が良い(3〜4年持ちます)

デメリット:消すのが大変・振るのが疲れる

ブラックボードポスカの耐久性

 

ブラックボードポスカは乾くと触れても落ちません。

 

私が実際に書いた店舗さんでは2〜3年経っても劣化していませんでした。

 

それ以上は書いたまま放置した例がないので分かりませんが、5年くらいイケそうです(笑)

 

何年経っても水拭きで消えます。

(これが楽しい!)

 

もちろん、水や雨がかかる場所では消えやすくなるので長持ちはしません。

 

 

みなさんも窓ガラスに書いてみてくださいね〜!

 

この記事が参考になりましたら

シェアお願いします\(^o^)/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です