ブラックボードポスカでガラスに落書きしてみたよ★


手書きPOPデザイナーのMisakiです★

ガラスに文字を書くお仕事が入ったので

ちょこっとオフィスで試し書き。

使うのはブラックボードポスカと

ポップゲルチョークの2種類。

ここ数年の間にブラックボードを

取り巻く環境が激変しましたよね〜。

ひと昔前は黒板にチョークのみ。

手書きPOPでお馴染みのポスカが

ブラックボード用を発売したときには

けっこうテンション上がった記憶^ ^

窓ガラスに書いてみるとこんな感じです。


使ったのはこちらの4本。

ポップゲルチョーク

ブラックボードポスカ(中字・太字・極太)


前の記事「ブラックPOPの書き方★」でも書きましたが

ポスカは太くなればなるほどインクを出すために

カシャカシャカシャカシャ振る必要があります。

「ブラックPOPの書き方★」はこちら

極太になるとけっこう大変(笑)

せっかくインクを染み込ませても

しばらく使わないで置いておくと

また出なくなってしまうので、、、

角芯の太字か中字がおすすめです。


その点、ポップゲルチョークは繰り出し式で楽ちんです。

チョークみたいに書きたい場合はこちらがおすすめ。

ちょっと塗りつぶすのは大変ですけどね。


さてさて、さっきからなぜ写真が夜なのか??

気になった方いらっしゃいますかね^ ^

なぜ、夜か??

それは私が夜行性だから。

というのもありますが・・・

昼間は明るくて書いた文字が見えないからです〜。

そんなにお天気の良くない、普通の曇りの日。

それでもこんな感じで見えにくいです。


そして、日当たりの良い場所で作業すると

ものすご〜く目が疲れます。

作業は夕方から夜にかけてがおすすめです★

どうしても明るい時間に書く場合は

反対側に暗い色の布を貼っておきましょう。

ブラックボードポスカ、ポップゲルチョークで

書いた文字は水拭きで消せます。

完全に乾いたあとは水拭きしなければ

少しくらい指で擦っても消えません♪

前の記事「黒板POP&ブラックボードの書き方と道具選びのコツ」では

消すときはウェットティッシュかキッチンペーパーが

おすすめと書きました。

「黒板POP&ブラックボードの書き方と道具選びのコツ」はこちら★

大きい場所に書いた場合は

ウェットティッシュだとけっこう使います。


繰り返し洗えるダスターを使うといいですよ。

こちらはセリアで買ったウェットダスターです。


インクが溶けたら乾いたティッシュで

拭き取れば終了です。

一度消してブラックボードポスカの

カラーで書いてみましたよ〜。


ブラックボードポスカは

書く素材を選ばずにキレイな色が出るので

書いていて楽しいです。

やっぱり「手書きPOP」と言えばポスカ!ですね。

ガラスに書いたのと同じ

ブラックボードポスカで

黒板に書くとこんな感じです。


つるつるタイプのブラックボードに

書くとこんな感じになりました。


同じペンでも書くものによって

印象がガラっと変わります。

みなさんもいろいろ書いて試してみてくださいね!

「やっぱり上手く書けない・・・」とお悩みの場合は

お請けしていますので問合せフォームよりご依頼ください。

お問い合わせはこちら★

それでは楽しい手書きPOPライフを♪

#コツ #デザイン会社 #ブラックボード #手書きPOP #書き方 #ガラス

3,129回の閲覧

西武線・所沢駅徒歩2分「手書きPOP教室」予約受付中!

Tegaki POP designer Misaki Endo

みさきのPOP株式会社

〒359-1122 埼玉県所沢市日吉町4-2 所沢サンプラザ3F

  • Misaki Endo Instagram
  • Misaki Endo Pinterest
  • Misaki Endo Twitter
  • Misaki Endo Facebook
  • Misaki Endo YouTube

当サイト内の文章・画像等の無断転載及び複製等はご遠慮ください

©Misaki Endo ©Misaki no POP Co., Ltd.