ペンタブの芯を綿棒にしたらペーパーライクな書き心地になった!


手書きPOPデザイナーのMisakiです〜。

デジタル納品が多いのでペンタブは必需品!!

Wacomの板タブと液タブ、両方使っています。

最近ネットをウロウロしていて知った

「ペンタブの芯を綿棒で代用」する方法!!

えー!!なにそれー!!

今まで全然知らなかったー!!

早速何人かのブログを見て、やってみました。

必要なのは「ベビー用めんぼう」とハサミだけ。

綿棒は軸が紙で細いタイプのものなら何でもいいみたいです。

Wacomの芯は5本で1000円位。

それに対して綿棒は200本で100円という衝撃のコスパ・・・

私はあまり芯が減らないので、節約のためにはやりません。

純正の方が安心だし、綿棒切るのけっこう面倒くさいし。

が、しかし・・・

衝撃だったのはコスパよりも書き心地!!

滑りが悪くなってこれがとっても書きやすい!!

液タブでペーパーライクの保護フィルムを検討している方は

一度この綿棒芯を試してみるといいですよ〜。

※試す方はくれぐれも自己責任でお願いします。

私は壊れたら買い換える気満々でやっています。

「ペンタブの芯を綿棒で代用」する方法

↓全部ダイソーで買いました。


中央にあるのがダイソーの「ベビー用綿棒(200本入)」で中国製です。

右側にあるのが同じくダイソーの「ベビーめんぼう(小包装80本入)」で日本製です。

私のオススメは中国製の「ベビー用綿棒(200本入)」です。

ほんの気持ち程度ですが日本製よりも軸が太いので、ペンにハマりやすいです。

さらに1本づつ開封する手間もないのでこちらがオススメ。

あったら便利なのが小さめの「ニッパー」と「紙やすり」です。

まず、綿棒を芯の長さよりほんの少し長めに切ります。

ハサミでも切れますが、私はニッパーの方が好きでした。

私は下の写真のように3分割して真ん中だけ使っています。

頑張れば2本いけそうですが、綿棒のふわふわした毛?が

ペンの中に入り込むと壊れそうで心配なので

中央部分だけ使っています。


切りっぱなしだと綿棒の断面が力で潰れて、平たくなっています。

これだとペン先に入らないのでハサミかニッパーを使って、元の形に戻します。


これをペンに挿すだけです。

普通にペンタブとして動きます。

いびつな形が気になる場合は紙やすりで整えるといいかも。


完成した「綿棒で作ったペンタブの芯」がこちらです。


他の方のブログを見ると

無印の綿棒を使っている方が多いですね。

白いペン先がどうにもしょぼくて嫌ですが・・・

黒い綿棒で細いタイプがないかと探しましたが

今のところ見つけられていません。

塗ればいいの??

と思ってプロッキーと油性ペンで塗ってみました。


見た目はかっこよくなりますが・・・

書くときに黒いインクが写ります。

黒い板タブならインクが写っても見えないからいいかも。

黒以外の板タブはやめた方がいいです。

液タブは・・・やめた方がいいですね。

というわけで黒く塗るのはやめました(笑)

綿棒で作ったペンタブの芯は

見た目のしょぼさに慣れてしまえば

手書きPOPライフの武器になってくれそうです♪

「Cintiq Pro」からペンが「Pro Pen 2」になりました。

このプロペン2から芯も変わってしまいました・・・

芯がものすご〜く細くなったので

プロペン2に綿棒芯は使えませんが

「Cintiq Pro」は以前のプロペンも動作します★

あとは保護フィルムによっても書き味が違うので

いろいろ思考錯誤してみてください〜。

愛用の板タブはIntuos(2013年モデル)のMサイズです。

デザインも質感もめちゃくちゃ気に入っています★


その前に使っていたBambooを買ったのが10年以上前。

不具合なく今でも普通に使えます。

ペンタブを使ってみたいスタッフに貸し出し中。

シンプルな板タブって長持ちですね〜。

ちなみに液タブは「Cintiq Pro 13」です。

いつかは欲しいと夢に見ていた液タブ・・・

まだ購入して日が浅いからか・・・

めっちゃ高いのを買ってしまったプレッシャーからか・・・

まだIntuosほど愛着が持てていません。

なので写真もまだアップしないでおきます。

手放しちゃう可能性もあるんで(笑)

と、いろいろ試してみたので質問などあればHPよりお問い合わせください。

仕事の隙間時間に答えられることはお答えします。

(即レスは期待しないでくださいね)

#手書きPOP #書き方 #ペンタブ

5,642回の閲覧

西武線・所沢駅徒歩2分「手書きPOP教室」予約受付中!

Tegaki POP designer Misaki Endo

みさきのPOP株式会社

〒359-1122 埼玉県所沢市日吉町4-2 所沢サンプラザ3F

  • Misaki Endo Instagram
  • Misaki Endo Pinterest
  • Misaki Endo Twitter
  • Misaki Endo Facebook
  • Misaki Endo YouTube

当サイト内の文章・画像等の無断転載及び複製等はご遠慮ください

©Misaki Endo ©Misaki no POP Co., Ltd.